花粉症対策について

食生活の改善による花粉症対策として、動物性脂肪や、たんぱく質中心の食生活を控えるといった事が挙げられます。

動物性脂肪やたんぱく質中心の食生活になると、アレルギーが発症しやすい体質になるとされています。

食生活の欧米化により、現代病である「花粉症」が増加しているとも言えるのです。

あと、日々のストレスにより、ますますアレルギー症状を引き起こしやすい体になります。 激動の現代社会において、ストレスを感じないように生活するのは、大変困難であると思いますが、そのストレスを軽減できるように、健康な心の維持に努めることも、花粉症になりにくくする有効な手段であると言えます。

さらに、花粉症で増加する事がある好酸球(白血球の一種)は、活性酸素を作る能力が高い細胞です。この活性酸素をおさえるだけでも、花粉症によって引き起こされるさまざまな症状を和らげる事が出来ます。

活性酸素を除去する物質はさまざまありますが、摂取する事により体内の消去能力を増加させる事が判明しているのがプロポリスに大量に含まれているポリフェノールです。

花粉症の症状の程度は、花粉の飛散量の変動と個人の反応の変動が一致しないとされているので、ポリフェノールの摂取が個人の症状を緩和するかどうかは試してみないと保障出来ません。

なので、まずプロポリスプロポリス「赤水晶」を長期的に試してみて見て下さい。